Tae’s NOTE

陽転エデュケーター:タエコの日々のよかった探し&気づきノート

「話し方」の大切さ~和田裕美白熱ツアー2018より

東京は昨晩の雷雨のおかげか涼しい朝です。

 

今日は、先日の和田さんの白熱ツアー@東京で、

とても大切なことだから!と急きょ?盛り込まれた

「話し方」について書きます。

 

え?白熱ツアーって、営業と陽転思考じゃなかったっけ?

 

と思われた方も多いと思いますが、、、

いくら、陽転思考や営業スキルを身につけても、

話し方がジメッとしてたら聞いてももらえない。

挙動不審だったら聞いてもらえない。

 

私が思う「話し方」の大切な要素は、

 

笑顔

明るい雰囲気

相手にきちんと届く声

謙虚さを感じさせながらも、一本芯の入った毅然とした態度

 

といったところでしょうか。

書き出してみると、話し方って、ただ発声ではなくて、

体全体から滲み出るものなんだなあ、と思いました。

 

実際のところ、「私、できてるし~」と思ってたのですが、、、

営業のロープレをスマホの動画で撮って見てみると、、、

目線があちこち行ってたり、不必要に首が動いてたり、手がもじもじしていたり。。。

とても見れたものではありませんでした。恥ずかしい。。。

 

お客様の前では、さらに緊張したり、想定外の質問が飛んで来たりといろいろあるわけで。

だからこそ、事前準備はしっかりと。

和田さんも、最低100回は練習して!とおっしゃっております。。。

 

また、人は自分の話を聞いてくれる人が好きです。

あなたの話聞いてますよ、ということを相手に示すためには、

うなづきとあいづち。

ツアーで和田さんは、うなづきをいつもの3倍に、と言ってました。

 

先日、話し方って大事~と思った出来事があったのですが、

ちょっと長くなってしまったので、

Vol.2としてまた書きます。