Tae’s NOTE

FP、陽転エデュケーター、整理収納アドバイザーの資格を持つ異色の金融ママです。綺麗なモノ、ヒトが大好き。

子供の神対応に救われる

最近、下の子(年少さん)の成長を感じる出来事がありました。

 

基本、やれることは自分でやらせる子育てなので、

保育園の持ち物をチェックが漏れることもしばしば。

(単なる手抜き育児ともいう…)

 

体操の日に体操着を忘れたことに園に着いてから気付き、

ああ、機嫌悪くなっちゃったらやだな(;゚∇゚)ーと思いながら、

恐る恐る、

私「体操着入れるの忘れちゃった」

とつぶやくと、

子供「大丈夫だよー。忘れたらこのまま(着ていった服で)やるんだよ」

という答えが。

 

神!!

 

また、次の週には、体操着は持っていったけど、今度は帽子を忘れ、、、

私「帽子入れるの忘れちゃった…」

子供「今日は体操ある日だから、お外いかないから大丈夫だよ」

 

再び、神降臨!!

 

そして、翌日には「帽子持っていかなきゃ」としっかり準備。

ああ、なんて立派に育ってくれたのかしら。

母が頼りないと子は立派に育つものなのね。

 

と、子供の成長に救われている今日この頃です。

 

 

どこほっつき歩いてたんだ!

美容院行くだけなのに朝から何時間かかってるんだ。

 

何処ほっつき歩いてんだ。

 

何してたんだ。

 

これ、週末に小学校中学年の上の子から言われた言葉です。

 

束縛の激しい彼氏みたいになってるー。

 

その日は上の子の誕生会やるってゆってたので、、、

朝10時過ぎから夕方まで家をあけて下の子だけつれて自分をおいていったおかんが許せなかったんでしょうね。

主役は自分なのに、大切にされてないって。

 

家にはダンナもいたんですが~

休みの日に家にいるときはほぼ寝てるので。

ちょっとは遊んであげればいいのに。

 

と、自分のことは棚にあげてゆってみたりして。

 

そのあと腹いせに、カレンダーに書かれたのが、

 

くそばばあのせいで楽しみが台無しだ

 

そうか、そうか。

次の週末穴埋めするよ。

 

 

気持ちのいいレジのおばちゃん

昨日の夜、我が家のシャンプーがなくなりました。

今朝もダンナに「シャンプーないよ」とだめ押しされたので、

心のなかでは「保育園のお迎えいかないお前が買ってこいよ」と毒づきながらも、

仕事の帰り道のホームセンターで買ってくることに。

 

シャンプーのついでに夫の整髪スプレーもかごに入れ、いざレジへ。

 

前の人のお会計を待っていると、、、

レジのおばちゃん「ポイントカードお持ちですか?」

お客さん「はい」

ポイントカードを出すお客さん。

スキャンするレジのおばちゃん。

お客さん、財布のなかをのぞいたあと、

お客さん「あのー、カードの支払いでも大丈夫ですか?」

レジのおばちゃん「さっきのポイントカード、現金専用なんです」

お客さん「そうですか」

財布から五千円札を出すお客さん。

レジのおばちゃん、お札を受け取ってレジへ。おつりをお客さんに渡しながら、

レジのおばちゃん「ポイントカードで55円お値引き入ってますから」

満足そうに頷いて商品を受けとるお客さん。

 

というやりとりをレジに並びながら見てたんですが、

おばちゃんの最後のセリフ、すごい気が利いてるなって思ったんですよね。

だって、お客さん、お財布に一枚だけ残ってたお札出して、なんか不安そうだったんですよ。

でも、おばちゃんが、あなた得したのよ、ってこと言ってくれたおかげで、

最後のお札を出した自分の行動が肯定されたわけですよ。

おばちゃん、すごい!

 

さらに感心したのが、

自分のおつりを財布に入れながらかごを見たら、

買い物袋の口が開きやすいようにずらしてある!

ビニール袋、ぴったりくっついてると開けにくいもんねー。

(わかる人にはわかってもらえると思う、この感動)

 

というわけで、今日はレジのおばちゃんのさりげない気配りに心を満たされて帰ってきました。

 

おばちゃん、ほんと、年齢的には還暦はとうに超えてるように見えたけど、、、

ちゃきちゃきしてて、ほんとに気持ちよかったです。

ありがとう🎵

 

 

 

5月の終わりに

気づけば5月も今日で終わり。

令和元年最初の一ヶ月の振り返り。

 

感謝にあふれた10連休。

 

日常生活に戻った途端に風邪をひき、発熱、せき、鼻水で苦しんだ二週間。

インフルエンザでなくてよかった。

健康のありがたみをしみじみ感じ、自分はつくづく大切なものは失わないと気づけない未熟な人間だと思い知る。

 

その後は、、、なんだか忙しくてあまり覚えてない。

半年前には転職できないかもしれないって泣きべそかいてたのに、

なぜかいまは部下もできてしまった。

仕事は簡単ではないけど、やりがいがある。

家族との関係も、良好だ。

 

人生には上り坂もあれば下り坂もある。

山があるから谷もある。

なぜかうまく進めないときは階段の踊り場にいるのかもしれない。

 

効率がわるくても、回り道をしても、大失敗をしても、道は歩き続ける限り開けていく。

 

なんて、カッコいいこと書きながら、

今日は帰り道で舌打ちを二度もしてしまった。

That's my life.

褒め上手

「今日のママのバッグかわいいねー🎵」

自転車の後部座席からさりげなく褒めてくれた下の子、もうすぐ4歳。

 

子供って、ホントに褒め上手。

 

髪の毛チョキチョキしたね。

お洋服かわいいね。

この鞄どうしたの?

ママ、かわいいねー。

 

結婚前の夫ですら、こんなに褒めてくれたことなかったような。

 

こんなに素敵な言葉をたくさんくれてるのに、私、ちゃんと受け取ってたかなぁ。。。

忙しさにかまけて、子供の言葉にちゃんと向き合ってなかったかも、と反省した十連休最終日でした。

 

それに気づけたのも、今朝読んだ本たちがきっかけかな。

詳しくは明日以降書きたいと思います~。

春休みのお弁当マラソン、完走!

小学生の子供をもつワーママあるある。

恐怖の長期休暇のお弁当作り。

この春休みも例に漏れず、、、

二週間強、毎朝お弁当作りに格闘しておりました。

それも今日で終わり。

明日からは給食がスタート。

ありがたやー。

 

最近、色んなことを趣味(?)のマラソンに例えるようにしています。

フルマラソンウルトラマラソンを完走することを考えれば、このくらいの試練やアクシデントはたいしたことない、と。

 

ということで今年の春休みのお弁当作りマラソン、無事に完走。

毎日食べてくれた子供にも感謝です。

 

謝謝

メルシー

ダンケ~

サンキュー

グラシアス

客観的に現状を見ると、次の課題が見えてくる

なんだかえらそーなタイトルですみません。

またまたフットサルネタなのですが、

試合や練習の様子をビデオで撮っていたものが最近チーム内で共有されたのですね。

それを見て、、、

 

私って、姿勢悪っ!(猫背)

うまい人に比べて、明らかに重心が高い。

ゲーム中の動きにメリハリ、緩急がない。

チンタラチンタラしてる~

 

という、とてもとても恥ずかしい気付きが満載でした。。。

 

でも、現状認識できてよかったのです。

 

守備のときはもうちょっと重心を低くしよう。

もう少しボールを持ってる相手に詰めてもOKだな。

もうちょっと相手を威嚇するにはどう動けばいいかしら?

パスをもらったときにもう少しだけタメができるといいな。

流れ球をシュートするとき、合わせるだけでなく、もう一歩踏み込めばいいかも。

 

などなど、たくさんの気付きがありました。

 

年に一回ハーフマラソン走る位じゃダメだ。毎週走ろう。

と決めました。

 

春は花粉がすごいので、ジムのルームランナー使って、筋トレもしよう。

 

とか。

 

真面目にアスリートモードにスイッチが入ってしまいました。