Tae’s NOTE

陽転エデュケーター:タエコの日々のよかった探し&気づきノート

悔しさから学ぶこと#W杯 #日本代表 #ありがとう

4年に一度のワールドカップ⚽。

…悔しい。

2点先制してからの逆転負け。

 

「追い詰めてはいたけれど…何が足りないのでしょう」

西野監督の絞り出すような言葉。

 

本気になった相手との地力の差?

かといって、日本も決して本気だしてなかったわけではないはず。

 

延長戦かな、と思っていたときに決められたベルギーの逆転ゴール。

 

激闘の中、実況アナウンスで、

 

後半の苦しいときに、心が折れるか折れないかの戦い

 

みたいなことを言っていて、最後はメンタルなのか、、、と、納得した部分もあり。

 

あと一歩、ベスト8の扉が開きかけたゲームだっただけに、悔しさもひとしお。

 

ここからどうやって立ち上がるか。。。

 

次のワールドカップで、

 

あのとき負けて良かった。

だからいまがある。

 

という結果を残せることを祈って。

 

幸せな時間をありがとう‼️

 

私も負けてられないぞー!

勝つぞ~❗